中級をめざすフィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)初級者のHP

フィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)初級者の管理人 ルナ吉 が、訪問者とともにフィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)中級者をめざして学習成果を披露しております。「中級をめざすフィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)初級者のHP」についてのご感想・ご要望はルナ吉まで。

「中級をめざすフィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)初級者のHP」メニュー

表紙 |フィリピノ語文法要点 |フィリピノ語語法メモ |引用集 |フィリピノ語主要参考書 |自作補助教材 1 |自作補助教材 2 |更新記録

動詞

語根・接辞

  • 動詞は語根接辞とから成る。語根は意味を表し、接辞は焦点行為の種類・性質とを表す。
  • 語根を見出す目安
    • 語根は母音を2個含んでいることが多い。
    • 語根は1個の母音あるいは1個の子音で始まる。
    • 語根はふつう単語の末尾にある。

  • フィリピノ語の動詞は、時制(tense)の概念ではなく、動作や状態が未開始(不定相・未然相)か既開始(完了相・未完了相)かという相(aspect)の概念を持つ。時制の概念(過去・現在・未来)は時を表す副詞などを補って表す。
  • 相には大きく分けて不定相・完了相・未完了相・未然相がある。
不定相…動詞はほとんどの辞書では語根の見出しのもとに不定相の形で記載されている。

命令形…英語と異なり、命令文の主語はふつう省略されない。命令の意味をやや緩和して依頼の形にまとめたい場合は小辞 nga を挿入する。
Pumasok ka sa kuwarto. [プマーソク カ サ クワーるト]「部屋へ入りなさい。」
Pumasok ka nga sa kuwarto. [プマーソク カ が サ クワーるト]「部屋へ入ってください。」
禁止(否定命令)huwag + リンカー + 動詞不定相。依頼に近い穏やかな禁止を表したい場合は未然相に変える。
Huwag kang umalis. [フワグ カん ウマリス]「行ってはいけない。」
Huwag kang aalis. [フワグ カん アーアリス]「行かないでください。」
勧誘形…勧誘形は未然相でも表せる。
Pumunta tayo sa simbahan. [プムンタ ターヨ サ スィムバーハン]
Pupunta tayo sa simbahan. [プープンタ ターヨ サ スィムバーハン]
「教会へ行きましょう。」
不定形用法…次のような構文でよく使う。
〈形容詞+リンカー+動詞〉
Mahirap (na) mag-aral ng Ingles. [マヒーらプ(ナ)マグアーらル ナん イんグレス]「英語を勉強するのは難しい。」

〈擬似動詞+NG形+動詞〉
Gusto niyang uminom ng gatas. [グスト ニャん ウミノム ナん ガータス]「彼は牛乳を飲みたい。」
完了相…行為がすでに開始され、かつ完了しているもの。

Nagtanong kami sa kanila. [ナグタノん カミ サ カニラ]「私たちは彼らに尋ねた。」
未完了相…行為がすでに開始されているが、まだ完了していないもの。ふつう、習慣的行為や進行している行為を指す。過去において遂行されつつあった行為「〜していました」や過去において習慣的に遂行された行為「〜したものでした、よく〜しました」を表すときにも用いる。

Umuuwi ba kayo sa probinsiya taun-taon? [ウムーウウィッ バ カヨ サ プロビーンシャ タウンタオン]「あなたたちは毎年いなかへ帰りますか。あなたたちは毎年いなかへ帰っていましたか。」
Naglalaro pa siya nang dumating ako rito. [ナグラーラろッ パ シャ ナん ドゥマティん アコ りート]「私がここに着いたとき彼はまだ遊んでいた。」
「遊んでいた」というのは過去の行為であるが、その時点ではまだ行為が完了していなかったので未完了相を用いる。
未然相…行為がまだ開始されていないが予期されるもの。

Lalabas ako mamaya. [ラーラバス アコ マーマヤッ]「私は後で外出するだろう。」

焦点(focus)

  • 主語(文の中で話題の中心となっている語句)が何であるかを示すこと。
  • フィリピノ語では、それぞれの語句に付いている標識辞(marker)の種類によって、どの語句に焦点が当たっているかが分る。
  • また、動詞に付いている接辞(affix)の種類によって、焦点の当たっている語句の意味上の役割が分る。
  • 焦点は文に現れる語句の一つに当てられ、その語句は主語となりANG形で表される。
  • 焦点の当たっていない残りの語句はANG形でない形(NG形またはSA形)で表される。
  • 時に関する焦点は無い。
行為者焦点…動作の行為者に焦点が当たっている場合。人称代名詞や人名が行為者焦点動詞の目的語のときは、かならずsa形でなければならない。

対象焦点…行為の対象に焦点が当たっている場合。

Ibibigay ni Fe ang libro kay Eva. 「フェがエバに与えようとしているのはその本だ。」

行為者焦点:Magbibigay si Fe ng libro kay Eva. 「エバに本を与えようとしているのはフェだ。」
方向焦点…行為の方向に焦点が当たっている場合。

Bibigyan ni Fe ng libro si Eva. 「フェが本を与えようとしている相手はエバだ。」

場所焦点…行為が行われる場所に焦点が当たっている場合。

Pinagkantahan namin ang kuwarto nila. 「私たちが歌った場所は彼らの部屋だ。」

行為者焦点:Kumanta kami sa kuwarto nila. 「彼らの部屋で歌ったのは私たちだ。」
受益者焦点…行為の受益者に焦点が当たっている場合。

Ibinili niya ng bulaklak ang ate niya. 「彼女が花を買ったのは彼女の姉のためだ。」

行為者焦点:Bumili siya ng bulaklak para sa ate niya. 「彼女の姉のために花を買ったのは彼女だ。」
手段焦点…行為の手段・道具に焦点が当たっている場合。

Ipinambili nila ng bahay ang pera ko. 「彼らが家を買ったのは私の金でだ。」

行為者焦点:Bumili sila ng bahay sa pamamagitan ng pera ko. 「私の金で家を買ったのは彼らだ。」
理由・原因焦点…行為の理由・原因に焦点が当たっている場合。

Ikinagalit ng tatay ko ang katamaran ko. 「私の父が怒った原因は私の怠惰だ。」

行為者焦点:Nagalit ang tatay ko dahil sa katamaran ko. 「私の怠惰のために怒ったのは私の父だ。」
  • 行為者(actor)が主語(subject)とは限らない。
  • ここでの主語とは、文の中で話題の中心となっている語句(主題)のことであるから、動作の行為者が話題の中心となっている場合は行為者を表している語句が主語になるが、動作の対象が話題の中心となっている場合は対象を表している語句が主語になり、動作の方向が話題の中心となっている場合は方向を表している語句が主語になる。
  • フィリピノ語の行為者焦点と対象焦点との違いは、英語の能動態と受動態との違いに近い。
  • 能動態では、動作の行為者(下の例文では John)が主語。

    例文 John hit Mary.
    意味上 行為者 行為 対象
    構造上 主語 動詞 目的語
    受動態では、動作の対象(下の例文では Mary)が主語。

    例文 Mary was hit by John.
    意味上 対象 行為 行為者
    構造上 主語 動詞 副詞的修飾語句
    フィリピノ語の焦点と英語の態との対応について、一般向けの参考書では、(1)行為者焦点を能動態と見なし、それ以外のすべての焦点(対象焦点・方向焦点・場所焦点・受益者焦点・手段焦点・理由原因焦点など)を受動態として括るか、(2)英語の態との対応について触れないかのどちらかの立場を取っている。学習者の多くは複数の参考書に目を通すことになるから、(1)の立場で書かれている参考書を無視することもできない。

    (1)の立場で行為者焦点以外のすべての焦点を日本語の受身「れる・られる」で訳そうとすると、逐語訳(原文の構文や構造に重点を置く訳し方)に無理が生じる。たとえば、次の文を、病院を主語にして「れる・られる」を使って、うまく訳すことは難しい。

    場所焦点
    Kinamatayan ng lolo ko ang ospital na iyon.
    (1)の立場「?その病院は私の祖父によって亡くなられた。」
    (2)の立場「私の祖父はその病院で亡くなった。」(行為者焦点の文でも訳文は同じ)

    文法学習上、とくに初級者にとって、逐語訳は必要であり、(1)の立場は好ましくない、と考え、ここでは、行為者焦点・対象焦点が能動態・受動態にほぼ対応し、対象焦点以外の非行為者焦点(方向焦点・場所焦点・受益者焦点・手段焦点・理由原因焦点など)は受動態に対応しない、と見なし、必要に応じて次のような訳し方をしている。
    「その病院は私の祖父が亡くなった場所である。私の祖父が亡くなった場所がその病院である。」
  • また、ここでは、混乱を避けるために、「主語」「目的語」「補語」という用語を使わないで、次のように言い替えることにする。
  • 「主語」 → 「焦点の当たっている語句」
    「目的語」 → 「対象を表している語句」
    「補語」 たとえば、「方向補語」 → 「方向を表している語句」

当サイトで参考にした主なフィリピノ語参考書

「フィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)初級者のHP」表紙へ

フィリピン格安ホテル簡単検索
最低価格保証
アクラン
アルバイ
イロイロ・チャーター・シティ
オーロラ
オロンガポ
カヴィテ・チャーター・シティ
カガヤン
カガヤンデオロ
カルバヨグ
ケソン州
サン・ホセ
ジェネラル・サントス
スリガオ
セブ・チャーター・シティ
セブ州
ダヴァオ・チャーター・シティ
タウィタウィ
タガイタイ
タルラック
ドゥマゲティ
ヌエバ・エシハ
バギオ
バコロド
バタンガス・チャーター・シティ
バタンガス州
パンパンガ
ブトゥアン
ブラカン
ボホール
マスバテ
マニラ
ラ・ウニョン
リサール
ルセーナ
レイテ
ロハス
ロンブロン
北イロコス
北サンボアンガ
南イロコス
南コタバト
南サンボアンガ
東ミンドロ
西ネグロス
西ミサミス