中級をめざすフィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)初級者のHP

フィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)初級者の管理人 ルナ吉 が、訪問者とともにフィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)中級者をめざして学習成果を披露しております。「中級をめざすフィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)初級者のHP」についてのご感想・ご要望はルナ吉まで。

「中級をめざすフィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)初級者のHP」メニュー

表紙 |フィリピノ語文法要点 |フィリピノ語語法メモ |引用集 |フィリピノ語主要参考書 |自作補助教材 1 |自作補助教材 2 |更新記録

「は」

いま、ガとハとの違いとして、まず第一に言えることは、ガが、いわゆる主語を示す働きを持つのに対して、ハの方は、その場における話の題目になるものを提示するはたらきを持つ助詞である、ということである。「○○について言えば」と、以下それについて説明し、叙述しようとする事がらを、はじめにまず提示するときに、このハが用いられる。だから、ハは、

子供は、夕食後に、コーヒーを飲まない方がよい。
夕食後は、子供が、コーヒーを飲まない方がよい。
コーヒーは、子供が、夕食後に、飲まない方がよい。

のように、いわゆる主語だけではなくて、目的語その他の修飾語につくことも可能なのである。この場合、たとえば、

陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。(憲法第九条)

というような言い方のあることを、考えあわせることができる。これは、論理の上からは、「陸海空軍その他の戦力を保持しない。国の交戦権を認めない。」と言うべきところであるが、その目的語を、さきにハによって主題として提示しておいて、あらためてそれを「これ」という語で受けて、論理を明確にしたのである。それと同時に、さきの文は、それぞれ、

子供は、(それが)夕食後にコーヒーを飲まない方がよい。
夕食後は、子供が(その時刻に)コーヒーを飲まない方がよい。
コーヒーは、子供が夕食後に(これを)飲まない方がよい。

という言い方なのであって、要するに、事がらとして言えば、

子供が夕食後にコーヒーを飲まない方がよい。

という一つの事がらを、それぞれ中心点(主題)を変えて述べたものなのである。これを、まとめて、

子供は、夕食後は、コーヒーは、飲まない方がよい。

のようにも言えるが、それを、

子供は、夕食後には、コーヒーをば飲まない方がよい。

のように言えば、論理が、はっきりする。「……とは」「……へは」「……からは」「……では」「……よりは」のように、「は」は、いろいろな修飾語について、これを文の主題にとり立てることができるのである。したがって、「が」で示されるところの主語を主題にとり立てた場合は、「……がは」と言うべきところであるが、これは「……は」をもって代用されることになっている。

「は」は、このように、それについて叙述すべき主題を、新しく提示する働きをする。

阪倉篤義『改稿 日本文法の話』

当サイトで参考にした主なフィリピノ語参考書

「フィリピノ語(タガログ語・フィリピン語)初級者のHP」表紙へ

フィリピン格安ホテル簡単検索
最低価格保証
アクラン
アルバイ
イロイロ・チャーター・シティ
オーロラ
オロンガポ
カヴィテ・チャーター・シティ
カガヤン
カガヤンデオロ
カルバヨグ
ケソン州
サン・ホセ
ジェネラル・サントス
スリガオ
セブ・チャーター・シティ
セブ州
ダヴァオ・チャーター・シティ
タウィタウィ
タガイタイ
タルラック
ドゥマゲティ
ヌエバ・エシハ
バギオ
バコロド
バタンガス・チャーター・シティ
バタンガス州
パンパンガ
ブトゥアン
ブラカン
ボホール
マスバテ
マニラ
ラ・ウニョン
リサール
ルセーナ
レイテ
ロハス
ロンブロン
北イロコス
北サンボアンガ
南イロコス
南コタバト
南サンボアンガ
東ミンドロ
西ネグロス
西ミサミス